スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はぅぅぅ~

TSミュージカルファンデーションの『AKURO』観劇。

坂上田村麻呂率いる大和朝廷軍とそれに抵抗する蝦夷の人々。
やがて、「悪路王」と恐れられていた蝦夷の王アテルイが降伏、斬首されて朝廷側が勝利するが…。
坂上田村麻呂はいわゆる英雄として教科書にも載っているけれど、そんな教科書が教えてくれない日本史のお話。

「歴史はいつも勝者のものとなる。勝者にとって不都合な真実は歪められて記述され、あるいは抹殺される」(パンフレットより)
日本にも、こんな戦いの歴史があったことを、私たちは知らなくちゃいけないね。

とにかく最初から最後まで動きっぱなしの舞台だった。
もうダンスがすごいっす。みんなよくあんなに動けるなー。
殺陣もたっぷりでかっこ良かった。
ちょっと、槍部隊がにょろっとする個所が目立って残念だったけど。
気持ちはわかるけど、もっと思い切って突いてください(^_^;)

音楽もとても良かった。
和太鼓の音とか聴くと血が騒ぐよね、やっぱ日本人としては(笑)
和太鼓奏者のおにーさんもかっこ良かったなあ。
あまり生で聴くことないのでちょっと感動。

脚本は大谷美智浩さんが書いたんだねー。
なんか久しぶりだなあ。大谷さんの名前見たのも。
…私がご無沙汰してるだけなんだけど(笑)
久々に役者大谷美智浩も見てみたいです。余談ですが。。

テーマが分かりやすく、骨太な内容。
最後はきっとこうなるんだろうと分かってはいたけど、やっぱ泣けた。
素直に、「いい舞台をみたな」と思える舞台だった。


さてさて、今回いちばんの目的だった駒田一さん!
久しぶりにしゃべって(笑)歌う駒田さんを見たー。
ダンスもアクションもたっぷり。おまけにこれも久々に火も出してくれました!
んもう、かぁっこ良かったー。しゅてきでしたー。
堪能堪能。ああもう幸せっす。

そして、次に楽しみにしてた吉野圭吾さん。
かっこ良すぎですー。
歌もたっぷり聴けてうれしかった。
それにやっぱダンスが素敵!さすがです。
これからも要チェックですー。



コメント

坂上田村麻呂!和太鼓!
見たい~~!ああでもあと4日で終わっちゃうのね…がっくし

2006/10/25 (Wed) 17:38 | 福 #ICazf28Y | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。