スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モラルもルールも♪

まっぴら!

ってことで。
今年も行ってまいりました「ダンスオブヴァンパイア」マチネ@帝劇
3年ぶりの再演でございます。

再演しないかなあ。。とは思ってたけど、まさか本当にするとは(笑)
リピーターが多数を占めていると思われる客席は、ちょっと異様なほどの盛り上がりでした。
カーテンコールなんて客席総立ちでしかも振りが付いてるし
ま、そういう私ももちろんリー君blogで予習済みで一緒に踊って来ましたがねv

でも再演されたらやっぱり見に行きたい芝居。世界に引き込まれて思い切り楽しんで、さあ明日からまた頑張ろうと思える舞台。
土居裕子さんのブログに「グレード高いばかばかしさ!」って表現してあったけど、まさにその通り。
ばかばかしくも楽しく盛り上がる舞台なのです

以下は興味のある人だけどうぞ(笑)

祐一郎伯爵は相変わらず素敵でした。
脱着式の羽根が今日はあまり気にならなかったのは、明りやマントさばきのせいか座席位置のせいか私が見慣れたせいか(笑)
歌はもう文句なしに素敵でしたが、ウィスパーの部分が心なしか多かったような。。
色っぽいです。。
客席の女性はみんな私がさらっていくぜみたいな
私にとっての初祐一郎さんが伯爵だったためか、なんかもう初恋の人のようにインプリンティングされているというか目にフィルターがかかってるというか…。
微妙な動きもカテコのお茶目なトークもすべて素敵に見えます(笑)

気になってた石川教授は、市村版とはまた違った魅力でさすがでした。
市村アブロンシウスより研究に対するマジ度が強く感じられ、その分、フィナーレでの“欲望”がよりむき出しになってて印象深かったです。
「人類のため」のハイトーンヴォイスで鳥が落ちてくるとこは爆笑でしたww
なんかすごいきれいにおかみさんが作業してたオケの中にぼとっと落ちてきたんだけど、あれは偶然?

知念サラちゃん。かわゆす~
きっとサラにぴったりだろうと思ってたけど、想像どおり。
ちょっとしたアクシデントもあったけど、まだ4ステ目だから。大丈夫大丈夫♪

泉見アルフレートは、初演同様、お茶目でヘタレで可愛かったです。
しかし、私はとことん浦井君と相性が悪いらしい。
初演の時も3回見て全部泉見アルフの回だったからなー。
浦井アルフも見てみたいよぅ。

吉野ヘルベルトさま
もう。何も言うことありません。
初演より広さも内装もグレードアップしたバスルームのシーンはもう笑いっぱなしでした。
まだ初日から1週間だってのに、飛ばしまくりですねー。
リピーター組の女性陣は、ヘル様の歌声が聞こえた瞬間から期待感で客席の空気を一変させてましたが、私の両側にいた男性はおそらくかなり引いてました
女性陣の熱気をよそに、冷たーい空気が流れてましたよ。。
「野郎のケツなんざ見たくねぇ!」って心境でしょうか。。お察しします(笑)
私的に一番気に入っているヘル様は、舞踏会のシーンでサラをエスコートして階段を下りてくるところ。
吉野さんはもうどのシーンを切り取っても一挙手一投足が美しく隙がないのだけど、このシーンは特に素敵なのです。全くぶれないウォーキングだとか華麗なマントさばきだとか…。ヘル様がマントつけるのってここだけだしね。
実は今日、このシーンでちょっとしたアクシデントがありまして、ヘル様にエスコートされて階段を下りてくる知念サラちゃんが、足が滑ったのか踏み外したのか、2~3段とととっ…と転びそうになってしまったのです。
が、そこはヘル様がすばやく且つかっこ良くしかも美しく、さっと手を出して支えてあげ、何事もなかったかのように芝居は続いたのでした。
カテコの挨拶のときに知念ちゃんが「転んじゃって…」って言わなければ、ああいう演出が加わったのかと思ったくらい。
そんなヘル様に、んもう直球ど真ん中で惚れ直したのでした(←おばか)

そして、駒田クコール
もう…ほんと愛らしい(笑)
伯爵に頭突きかましまくりだし(伯爵が「…っ!クーコールゥー」みたいなってて可愛かった)、客席サービスも怠りないし、なにより今日はクコール通路に近い席だったのでより堪能できたのです
休憩中の「クコール劇場」は大変だろうけど、もはや芝居の一部だもんね。今年も東急ハ●ズに通うのでしょうか(笑) がんばってください。
そういえば、クコちゃん最期のシーン、初演よりたっぷりになってたように思うんだけど気のせい?
あのシーンはほんとに哀しいです。。
そしてクコちゃん亡き後、伯爵のお世話は誰がするのか大変気になるところです。
…蝋燭の調達とかさ(笑)

今回ヴァンパイアダンサーに森山開次さんが加わりました。
こりゃもう見に行かねばと、今回おサイフ事情が非常に厳しい中チケットを購入した理由の一つですが。
「抑えがたい欲望」ではまさに“伯爵の化身”。伯爵の歌と相まって胸が痛くなるようでした。
…それにしても腕が信じられない方向に動くんだけど。。すごいなあ。(そういえば舞踏会で浦和アルフもおかしな腕してた
ダンサーさんてほんとすごい。
あんなふうに歌い踊れればさぞ楽しかろうなあ…ってのはミュージカル見に行くと毎回思うことだけど。

あとは、オケ!
せめて、せめて出だし2小節は命懸けて持ちこたえてください~。(って、なんか帝劇に来た時はいつも言ってる気がするけど
惜しいなあ。ほんと惜しいですぅ。
出だしヨレっちゃうとなんとなく出鼻挫かれたような気になるんだよね。。ほかは素敵なのにもったいないのです。
さらに欲を言えば、私の好きな中低音がもっと鳴ってくれれば!
特にTromboneの低音はばりばり言わせて欲しいですぅ
まあこれはあくまで個人的趣味ですが(笑)


さてさて、そんなこんなで堪能しまくってきたのですが。今回はほんとに懐具合が厳しく、名残惜しいけど1回しか行けないなあと思ってたんだけど。
1回にしとかなきゃなあと思ってたんだけど。
だけど。
……。

また見た~い\(≧~≦)/

早くも何をどのくらい節約すればチケ代を捻出できるか、家計簿と首っ丈のおばかなvampire virus感染者になり果てているのでした。ちゃんちゃん。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。