スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またしても。

訃報。

派遣先の社員さんで、末期のガンでホスピスに入られている方がいたんだけど、昨日亡くなったそうだ。
私はエレベーターで一緒になったとき1、2度お話したことがあるだけだが、長年一緒に働いてきた社員さんたちのお気持ちはいかばかりだろう。。

だけど、悲しみにくれる暇もなく仕事はあるわけで。
なんだかね。。

そんな会社帰り、歌の自主練するために寄ったスタジオの最寄り駅構内に、献花台が設けられて花束が供えられていた。
線路に転落した人を助けようとして3人が亡くなった事故があったが、それが8年前の今日だった。
私もあの日あの時間、まさにそのホームにいた。
偶然だけどたまたま今日この駅を使ったのもなにかの引き合わせかと、献花台の前で手を合わせてきた。

死は誰にでも平等に訪れるけれど、与えられた「生」の時間は平等ではない。
今日かもしれないし来月かもしれないし50年後かもしれない。

どうせ別れるなら何故出会うんだろうとか。
どうせ死んじゃうのに何故いろんなものを創って残そうとするんだろうとか。
根が後ろ向き思考な私は子供の頃からよく考えた。
で、死んじゃったらどうなるんだろうとか考えたら怖くて怖くて、夜布団の中でよく泣いた。
今でも時々泣く。

みんな怖くないのかね。
1日1時間1分と残り時間が少なくなるのをカウントしながら、息が苦しくなることはないのかね。
夜中に叫んだりしないのかね。

なんてね。
まったく情緒不安定なここ数日。
とりあえず夜中叫ぶのはやめなきゃ。警察呼ばれる前に(笑)
でもってこんなこと記事にするのもほどほどにしなきゃ。また友達減りそう(笑)

コメント

ありゃ

あたしも最近ハマリ気味・・・。疲れてんのかな。
楽しい事考えるんだ~。
え~とぉ、美味しいもん食べに行こう!v-274

2009/01/27 (Tue) 21:00 | ぼうぼう #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。