マイムマイムー

遊園地再生事業団の『ニュータウン入口』を観てきた。
リーディング公演。

9月にシアタートラムで本公演を行うらしいんだけど、今回はそれにさきがけたプレビュー公演その1なんだと。
終演後には演出家さんによるポストトークってのがあって、質問コーナーもあった。
みんないろんなこと考えながら観てんだなあって関心しちゃったよ(笑)

“リーディング公演”ということで、役者はみんな台本を持ってる。
ただ立って読むのではなく、軽く動きはついているし、音楽もついてる。
会場は広いスタジオで、中央がアクティングエリア、両端に椅子を並べて出番のない役者はそこに座っている。思い思いの姿勢で、時々ペットボトルの水を飲んだりしながら。

いわゆる「朗読劇」とは違って、ト書きはなく全部台詞で構成されているから、台本を持っていなければ普通の舞台と変わらない。
だんだん本を持ってることも気にならなくなって、普通に舞台を見ている気分にもなる。

じゃあ、リーディングってなんだろう?
わざわざリーディングを見せる意味ってなんだろう?

私は今回初めて見た(聴いた?)んだけど、リーディング公演ってのはけっこうあちこちでやっているらしい。
本公演の前に、戯曲が完成する前段階を見せる、それを見せることによってさらに戯曲に手を加えて完成させる、って形が多いみたい。

未完成とはいえ、もちろん素人じゃないんだから、ちゃんと鑑賞に堪えるものにはなってる。(あたりまえだ。1800円も払ってんだし。)

でもなあ、なんか釈然としないっていうかさ。
そんな下ばっか向いてしゃべられてもなあっていうかさ。

内容はけっこう面白かったんだけどね。
ただ、私の集中力ってか許容量の問題で、途中2/3くらいで飽きちゃったんだけど。…だって最後の方はなんにも頭に入ってこなかったよ。だめだめじゃんおれ

でもこれが途中経過だっていうなら、本公演も見てみたいよな。
役者さんたちはまた見てみたいと思う人揃いだったし。

…問題は、本公演が寓想雑貨店公演の前だってことで(^_^;)
これで本公演見られなかったらけっこう消化不良だよ?(笑)

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007/04/22 (Sun) 08:22 | # | | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する