『図書館危機』

有川浩の図書館シリーズ3作目。
前回後を引く終わり方してたんで、そこから始まるんだろうとは思ってたけど、まあそのへんはお約束な展開でしたね(笑)

このベタ甘さ加減が持ち味でもあるんだろうけど、私的にはちょっと引いちゃう域まで達してきたのでこのへんはさらっと読み流して…。
いやでも嫌いじゃないのよ。嫌いじゃないんだけど、ストーリーに占める割合がもちっと少ない方が首筋かゆくならずに読めます。みたいな?(笑)

それにしても玄田隊長大活躍でしたー。
検閲用語を逆手に取ったあのアイデアなんかさすが隊長!
仁王立ちには「弁慶か!」ってツッコミも入れちゃいましたが(笑)いやツッコむとこじゃないんだけどさf^_^;
(このテの展開もちょっと“引き”要素なんだよな…。エピソードやキャラを引き立たせるためか、極端にはしり過ぎるとこがあると思う。。隊長らしいっちゃらしいけど、あんまり誉められた行動じゃないっすよ。)
隊長ファンとしては早く前線復帰してもらいたいけど…、あっちゅうまに回復して何事もなかったかのように戻ってきてそうでそれもコワイ(笑)

あと1冊で完結なんだねー。
稲嶺指令勇退後の図書隊がどう成長していくのか、手塚兄とはどう決着つけるのか、気になるところです。
なので…、次も貸してくださーい(^0^)/(←買えよ
  • Category:

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する