スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽し観劇

友達と『ヴェローナのニ紳士』を観劇。
さいたま芸術劇場初めて行った。遠かった(笑)

今日は初日。って帰ってから思い出したんだけど(^-^;
ロビーで蜷川先生をお見かけしたが車椅子に乗ってらして驚いた。
そんなにおかげんが悪いのだろうか。。ちょっと心配。
初日だってわかってたら「おめでとうございます」って声かけたのになー。

お芝居は面白かった! 喜劇なので、もう笑った笑った。
オールメールキャストで、女役も男性が演じるんだけど、溝端くんは可愛かったし、月川くんは綺麗だった。
溝端くんは最初から「女の子役だよねー」って思って見てたんだけど、月川くんは途中まで普通にみてて、もう後半の方で「あっ!」って思ったくらい。
二人とも「女性を演じてる男性」ではなくちゃんと「女性」に見えたよ。
溝端くんは途中男装するシーンがあるんだけど、そこでもちゃんと所作が女の子でさ。凄いなと思った。

途中、初日ならでは(?)の事件もあって。
ヴァレンタイン役の髙橋さんが、台詞がわからなくなっちゃってもにょもにょ言いはじめ、プローティアスの三浦くんが「何を言ってるんだ」とつっこむも、「ちょっと整理してくる!」と下手に引っこむ髙橋さん( ゚Д゚)
舞台に一人取り残される三浦くん。。
もうね、客席でガクブルしちゃったよ。
台詞忘れるのも怖いけど、舞台に一人取り残されるのも嫌!
舞台って怖いわねーって思いました(笑)
いや笑い事じゃないけど(^-^;

個人的には目当てだった三浦涼介くんが堪能できて幸せでした。
素敵な歌声も聴けたし。
ショーシャンクの時も思ったけど、三浦くんの舞台いいよ。もっと見たいですよー(≧▽≦)

あ、あとね、この舞台、本物のワンコが登場するのだ!
この子がもうやんちゃで可愛くって。客席に笑いを振りまいてたよ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。