週2。。

月曜に続いて昨日も横浜へ。
…自分で組んだスケジュールとはいえ、週2は疲れるって(^_^;)

佐村河内守『交響曲第一番 HIROSHIMA』
みなとみらいホールにて。神奈川フィル。

ずっと気になってたけど、テーマがテーマだけになんとなく勇気が出ずに聴けずにいた曲。
ちょっと前一気にメディアに取り上げられて、チケット取りにくくなるかもと慌てて取ってみた。

苦手な現代曲っぽい感じだったらどうしようと思ってたけど、全然そんなことなかった。
暗い重いのも覚悟していったけど、思ってたような暗さ重さとは違った。
闇の中にはるか遠くにだけど希望の光が確実にあることを感じられたからかな。
…そこに至るまで長く(←曲自体も長いの。。)苦しい闘いがあるんだけど、きっと耐えられる、乗り越えられると思わせてくれる曲だと思った。

それにしてもパーカッションが大迫力だったー。
各所で全力で打ち鳴らされるティンパニ……皮が破れるんじゃと心配になるくらい(笑)
タムやらバスドラやらも一緒になってガンガン鳴らすとこは、前列のトランペット・トロンボーン隊は自分の音が聞こえないんじゃ、とこれまたいらん心配するくらい(笑)
ホルンもすごい鳴ってるなあと思ったらなんだか沢山いてびっくり。
パンフの解説によるとかなり特殊な大編成だったみたい。
演奏する方は大変だろうなあ。長いし(^_^;)
でもその長さが聴いててそんなに苦にならなかった。私にしては(笑)集中して聴けたよ。

今日は作曲者の佐村河内さんが客席にいらしてた。
終演後、舞台に上がり指揮者とハグをし、コンサートマスターから順々に握手していく佐村河内さん。
順々に…順々に…楽団員全員と握手するんじゃないかと思った(笑)
お客さんにも丁寧に丁寧にお辞儀をくりかえして、お人柄がしのばれる。

会場で買ったパンフレットに、時間があれば子供たちのために「エリーゼのために」のようなピュアな小品を書いてみたい、というようなことが書いてあったけど、実現したらぜひ聞いてみたいー。
きっと優しい曲に違いないと思う。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する