ニューバージョーン!

レ・ミゼラブル新演出バージョン初見でした!

うん。良かった。
奮発してS席とって良かったよー。
昨日コンタクト新調したおかげで視力もUPしたし(笑)堪能してきましたー。

セットが左右に広がった分アクティングスペースも広がって、迫力が増したような気がします。
建物とか細かくセットを作りこんでで、世界観がわかりやすかった。
…バリケード登場のとこは後ろからの照明のせいか近未来メカみたいで、エポニーヌがそれに乗って世界を救うみたいな妄想しちゃったけど(笑)

舞台ツラに一列!な芝居が増えてたです。
客席に迫る感じで悪くないと思うけど、「何そのキメポーズ」って場面もあってちょっと笑った(^_^;)
あと工場とか娼婦とか、全体に女性陣の迫力が3割増しになってませんかぃ?
工場なんて、女の職場こえーって感じ(笑)

一番気になってた、あのウワサの、映像を取り入れたところ…。
背景に書き割り的に使ってるのは良いと思った。
が、やっぱみんな言ってるあそこね。
地下道ね。
あれは確かに賛否分かれるだろうなあ。
迫力も出るし、わかりやすくもなってるんだけど、私も「ちょっとそこまでは」って思っちゃったなあ。
でもこれからこういう演出増えそうだな。。フクザツ。

今回は席重視でチケットとっちゃったんで、キャストは必ずしも「この人が観たい」って人ばかりじゃなかったんだけど、好みの人が多かったなー。
笹本=エポや山崎=マリウスはもうテッパンって感じだし、初見のキム=バルジャンも好きな感じだった。ときどき「いまの韓流っぽい」って思っちゃうのは先入観のせいでしょう(笑)
ジャベールの鎌田さんは、確か今回バルジャン&ジャベール役にアクシデント続出のために後から参加された方で、どうなんだろうって思ってたんだけど、かなり好きです! これから要チェックだー。
駒田=テナは私的にはずせないので(笑)満足です。
テナ婦人は浦嶋りんこさん。一瞬「森クミさん?」って思っちゃったほどの迫力(笑)もり、笑いもありで大好きです!
ちなみに今回のテナ婦人役お三方はみなさんボリューミーな方なんですが、プログラムのお写真をみると、森クミさんだけお胸が衣装に収まりきらない大迫力(笑)。あのお胸に「もふっ」ってしたーい
でもってガブは清史郎くんでした。
清史郎くんはもう「子役」じゃなくて「俳優さん」って言わなきゃいけないねー。
大人に混じって違和感なかったし、細かい演技も目を引きました。
今回舞台が回らないから弾を拾う場面をどうするんだろうって思ってたんだが、そう来たかー。
泣いたー。わーん。
(回り舞台無くなって良かったと思ったのは、戦いの後に回るバリケードのとこの拍手がなくなったこと(笑)
だってあそこの拍手が毎度腑に落ちなかったんだよねー(-。-;))

新演出は、登場人物一人一人がより際立っていて、それぞれの関係性も細かく描かれていたように思う。
どんなことになってるのかと心配してたけど、全体にとても良かった
何にしても、もう25年も続いてる作品に新しく演出をつけるなんてすごいことだよ。

別キャストでぜひもう一回みたいんだが……どこかにチケット落ちてないかなあ(笑)


余談ですが。。
今日は昼公演だけだったんだけど、駒田さんのブログによると夜は舞台稽古があるらしいっすよ
日々進化してるんだねー。
千秋楽まで体調に気をつけて(…今回多いから。。)頑張ってください!
…ああもう一回みたいぃ。。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する