スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱ愛ですよ愛。

一晩寝れば良くなるかと思った腰痛は…朝起きたら悪化してましたー
これはやっぱどこかやっちゃった系の痛みだねー。

で、今日は早く帰って整骨院に行くかどうか悩んだんだけど、初志貫徹して映画観に行ってやったぜぃ(笑)

『レ・ミゼラブル』良かったー。
泣いた泣いたってばよ。

舞台と同じく司教様のシーンで涙腺が決壊し、あとはもう要所要所でダダ泣きっす(笑)

いやー、もう一回観てもいいなー。
そして舞台のチケットも買わなきゃだ!

いやね、映画ほんとに素晴らしかったんだけど、ここは舞台の方がってとこがやっぱあるよね。
あとは“生”であることの迫力ねー。
正直映画の出だしはちょっと「あれ?」って思ったんだよね。
舞台なら生オケの音がガツンとくるところだから。物足りないなって思った。
まあここは別物と考えなきゃいけないところだよね。

舞台にないシーンで一番印象に残ってるのは、バリケードの後、ジャベールが自分の勲章をガブローシュの体の上にそっと置いてやる所かなあ。。。
ガブローシュ…うう(泣)
ジャベールといえば、舞台より映画の方がジャベールの心情が良くわかると思う。
あの橋のシーンに至るまでの気持ちの移り変わりがね。丁寧に描かれててわかりやすい。

あと映像でいろいろ説明してくれるので、「ここの歌詞はこういう意味か!」ってところがいまさらながらあったり(笑)←実は原作読んでないからね。てへ。
逆に、舞台版の歌詞の方がいいなと思うところもあったけど。

なんていろいろ書いてるとキリがないからこのへんでやめますが(笑)
ミュージカルに抵抗ない方はぜひ観ていただきたいですね。


追記。
どうでもいい感想だけど…エポニーヌ役の子、ウエスト細っ!(笑)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。