スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベルサイユのばら展

招待券を頂いたので、行ってきました松屋銀座。
銀座なんてめったに行かないから緊張したわぁ(笑)

ベルばら

最終日だったからか、平日の昼間だってのにけっこうな人だったよ。
展示内容は、直筆原稿やセル画、宝塚の衣装など。
原稿はかなりの量で、初めからストーリーが追っていけるようになってる。
みんなじっくり読んでるので行列が進まない進まない(笑)
そこまで熱烈ベルばらファンってわけでもない私は半分くらいでリタイアして、要所要所をつまみ見しながら衣装コーナーへ。

きらびやかな衣装や持ち道具、再現されたセット、歴代のキャストさんのポスターなどが並べられ、ここもなかなかの見ごたえ。
しかし、衣装の後ろにスクリーンがあって舞台の様子が流されてるもんだからファンの方々が溜まる溜まる(笑)
肝心の衣装は人垣の後ろから垣間見るしかなく、ちょっと残念。

それにしても、さすが連載開始が私の生まれた年(笑)ってだけあって、客層もけっこう年齢お高め。
私より15歳は年上とみられるお姉さま方が、連載当初の雑誌を見て「きゃー、○○さんの連載だってー! なつかしーぃ!」とおおはしゃぎ。ほほえましい(笑)

グッズ売り場もいい歳したご婦人方がかなり真剣にお買い物。いやほほえましい(笑)

私的にいちばん楽しかったのは、いろんな漫画家さんがオスカル様を描いた色紙が飾られていたコーナーかな。
特に川原泉先生のと紫堂恭子先生のが良かったなー。あれ欲しかった(笑)

なかなか見ごたえのある展示で楽しかったです
めったに行かない銀座にも行ったし(地下鉄から松屋直行直帰だけど)、松屋の地下でかわいいお菓子屋さんもみつけたし(迷いに迷って結局なにも買えずに帰ってきたけど)、いつもだらだら過ごしちゃう月曜代休だけどたまには外出しなきゃなと思ったのでした。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。