スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミートパイは食べたくない

ずっと行きたかった『スウィーニー・トッド』を観てきたよ!
市村&大竹コンビでの上演は最後らしいから行けてよかった。
Todd

雰囲気のあるセットと独特な音楽。一瞬でフリート街に連れて行かれた。
床屋が復習する話だとは知ってたけど、あんな殺しまくるとは思わなかったよぅ。
でもお客の喉かっさばいてガタンと階下の肉屋に落とすシーンでなぜか笑ってしまう。
そういうコミカルなところもある演出に助けられて泣かずにすんだわ(笑)
それでもずっと体に力が入りっぱなしだったよ…。

音楽はとても独特だったな。
歌うの難しいと思う。男女ともすごく高いキーを使うし。
サントラ聞いてみたいし、楽譜も見てみたいなあ。

市村さんとしのぶ様は流石の存在感だった。
ようやく生大竹しのぶ様をみることができたんだけど、ほんとにすごい人だと思った。
市村さんとの息もぴったりだったし。ちょっと、ぴったりすぎたぐらいだったけど。。
今回が最後なの残念だな。もっと早くに見とけばよかったよー。

そしてそして、武田真治くん。
やー、かーわいかったー
ああいう役だと知らずに行ったからさー。いやー。。(← 思い出してにやにやしている)
武田くんをテレビでしか知らない人はぜひ舞台を見に行ってほしいんだな。すごくいいから。

それにつけてももっと早くに見ておかなかったのが返す返すも残念。
こんな可愛い武田くんをー!(←そこか、と方々からツッコミいだだいてます 笑)
スポンサーサイト

楽し観劇

友達と『ヴェローナのニ紳士』を観劇。
さいたま芸術劇場初めて行った。遠かった(笑)

今日は初日。って帰ってから思い出したんだけど(^-^;
ロビーで蜷川先生をお見かけしたが車椅子に乗ってらして驚いた。
そんなにおかげんが悪いのだろうか。。ちょっと心配。
初日だってわかってたら「おめでとうございます」って声かけたのになー。

お芝居は面白かった! 喜劇なので、もう笑った笑った。
オールメールキャストで、女役も男性が演じるんだけど、溝端くんは可愛かったし、月川くんは綺麗だった。
溝端くんは最初から「女の子役だよねー」って思って見てたんだけど、月川くんは途中まで普通にみてて、もう後半の方で「あっ!」って思ったくらい。
二人とも「女性を演じてる男性」ではなくちゃんと「女性」に見えたよ。
溝端くんは途中男装するシーンがあるんだけど、そこでもちゃんと所作が女の子でさ。凄いなと思った。

途中、初日ならでは(?)の事件もあって。
ヴァレンタイン役の髙橋さんが、台詞がわからなくなっちゃってもにょもにょ言いはじめ、プローティアスの三浦くんが「何を言ってるんだ」とつっこむも、「ちょっと整理してくる!」と下手に引っこむ髙橋さん( ゚Д゚)
舞台に一人取り残される三浦くん。。
もうね、客席でガクブルしちゃったよ。
台詞忘れるのも怖いけど、舞台に一人取り残されるのも嫌!
舞台って怖いわねーって思いました(笑)
いや笑い事じゃないけど(^-^;

個人的には目当てだった三浦涼介くんが堪能できて幸せでした。
素敵な歌声も聴けたし。
ショーシャンクの時も思ったけど、三浦くんの舞台いいよ。もっと見たいですよー(≧▽≦)

あ、あとね、この舞台、本物のワンコが登場するのだ!
この子がもうやんちゃで可愛くって。客席に笑いを振りまいてたよ

秋はまだか

観劇ラッシュだった今月前半。
とりあえず今日の1本で一段落かなー。

2週間で芝居4本、朗読1本、ライブ1本は私にしてはかーなーりハードスケジュールでしたのことよ。
でも楽しかったのでよし!(笑)

そん中でもやっぱミュージカル『殺しの接吻 ~レディーを扱うやり方じゃない~』と、トリオ・リベルタのライブはほんとに良かった

『殺しの接吻』は懐かしの岡&宮内コンビ再びで、中島梓ミュージカルに足しげく通ってた私にはたまらん作品だったよ。
ストーリーもとても良かった。
主人公二人(刑事と殺人犯)の母親と、犯人に殺される女性達をすべて一人の女優が演じるという設定だったんだけど、それがとても効果的だったんだよね。
それに何よりマイクを使わない生声でのミュージカル! しかもエコー劇場だから客席から舞台が近い(笑)
いやあ贅沢な舞台でしたん。
ぜひぜひ同じキャストで再演していただきたいです

トリオ・リベルタはもうね、期待どおりというか期待以上というか。
ピアソラのCDは買おう!
そしてまたライブ行こう!

とても充実の2週間だったけど、おかげでかなりのチケット貧乏なので後半はおとなしくしとこうと思いまふー。

初青年館

銀英伝観てきた!
田中圭くんのヤン・ウェンリー良かったよ

お花たち。
続きを読む

ニューバージョーン!

レ・ミゼラブル新演出バージョン初見でした!

うん。良かった。
奮発してS席とって良かったよー。
昨日コンタクト新調したおかげで視力もUPしたし(笑)堪能してきましたー。

セットが左右に広がった分アクティングスペースも広がって、迫力が増したような気がします。
建物とか細かくセットを作りこんでで、世界観がわかりやすかった。
…バリケード登場のとこは後ろからの照明のせいか近未来メカみたいで、エポニーヌがそれに乗って世界を救うみたいな妄想しちゃったけど(笑)

舞台ツラに一列!な芝居が増えてたです。
客席に迫る感じで悪くないと思うけど、「何そのキメポーズ」って場面もあってちょっと笑った(^_^;)
あと工場とか娼婦とか、全体に女性陣の迫力が3割増しになってませんかぃ?
工場なんて、女の職場こえーって感じ(笑)

一番気になってた、あのウワサの、映像を取り入れたところ…。
背景に書き割り的に使ってるのは良いと思った。
が、やっぱみんな言ってるあそこね。
地下道ね。
あれは確かに賛否分かれるだろうなあ。
迫力も出るし、わかりやすくもなってるんだけど、私も「ちょっとそこまでは」って思っちゃったなあ。
でもこれからこういう演出増えそうだな。。フクザツ。

今回は席重視でチケットとっちゃったんで、キャストは必ずしも「この人が観たい」って人ばかりじゃなかったんだけど、好みの人が多かったなー。
笹本=エポや山崎=マリウスはもうテッパンって感じだし、初見のキム=バルジャンも好きな感じだった。ときどき「いまの韓流っぽい」って思っちゃうのは先入観のせいでしょう(笑)
ジャベールの鎌田さんは、確か今回バルジャン&ジャベール役にアクシデント続出のために後から参加された方で、どうなんだろうって思ってたんだけど、かなり好きです! これから要チェックだー。
駒田=テナは私的にはずせないので(笑)満足です。
テナ婦人は浦嶋りんこさん。一瞬「森クミさん?」って思っちゃったほどの迫力(笑)もり、笑いもありで大好きです!
ちなみに今回のテナ婦人役お三方はみなさんボリューミーな方なんですが、プログラムのお写真をみると、森クミさんだけお胸が衣装に収まりきらない大迫力(笑)。あのお胸に「もふっ」ってしたーい
でもってガブは清史郎くんでした。
清史郎くんはもう「子役」じゃなくて「俳優さん」って言わなきゃいけないねー。
大人に混じって違和感なかったし、細かい演技も目を引きました。
今回舞台が回らないから弾を拾う場面をどうするんだろうって思ってたんだが、そう来たかー。
泣いたー。わーん。
(回り舞台無くなって良かったと思ったのは、戦いの後に回るバリケードのとこの拍手がなくなったこと(笑)
だってあそこの拍手が毎度腑に落ちなかったんだよねー(-。-;))

新演出は、登場人物一人一人がより際立っていて、それぞれの関係性も細かく描かれていたように思う。
どんなことになってるのかと心配してたけど、全体にとても良かった
何にしても、もう25年も続いてる作品に新しく演出をつけるなんてすごいことだよ。

別キャストでぜひもう一回みたいんだが……どこかにチケット落ちてないかなあ(笑)


余談ですが。。
今日は昼公演だけだったんだけど、駒田さんのブログによると夜は舞台稽古があるらしいっすよ
日々進化してるんだねー。
千秋楽まで体調に気をつけて(…今回多いから。。)頑張ってください!
…ああもう一回みたいぃ。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。