あればあったで。

声楽レッスンの後、寓想メンバーが出演してる朗読公演を見に(聴きに?)六本木まで。
シンプルで良い舞台でありました。

寓想ではあまりキャスティングされないYみしゃんの“お母さん”はあったかくて良かったなあ。
全然いけますよぅ。ふふふ。

あと、寓想にもゲスト出演してくれたY田くんの(…Yが続く・笑)ナレーションはもしかして初めて聴いたかも?
聴きやすくてよかったです。さすが声優さん上手いなあ。
…くそう。負けねぇ

今週・来週と、私以外のメンバーは精力的に活動中ですよー。
……くそう。負けねぇぞぅ。

さ…寒い。。

友達が出演してる朗読公演に行ってきた。
またも遅刻。。

仕事が18時半までだからさあ。
平日の公演はつらいのよ。

シンプルなセットでシンプルな語り。
シンプルに聞かせるって難しいと改めて。

出演者に年配の男性。
(ここでしゃべって、ここまで移動して、振り返って……)
みたいに1つ1つ確認するように動いているのが可愛らしかった

年配の男性の役を年配の男性がやる、っていいなあ。
若造には出せない味があるよねー。

終演後、いつものようにさっくり挨拶してささっと帰ってきたんだけど、どうやらゆっちさんも会場にいたらしい。
すれちがいねー。こういうこと多いのよね私ー(笑)

さて明日は市役所行って病院行って声楽行ってイベント行って。
大忙しねー。
なんでみんな今週かー!

朗読、山本周五郎

『朗読、山本周五郎』 theatre iwato
 「三十二刻」山本弘幸
 「よじょう」石橋蓮司

おもしろかったーっ\(≧▽≦)/

石橋蓮司さん素敵でしたー


3日連続で山本周五郎の作品を朗読するという企画の2日目。
ちなみに1日目は久保恒雄さん、斎藤晴彦さん、3日目は河内哲次郎さん、古今亭志ん輔さん。

1作品40分くらいだったけど、全然長く感じなかった。

実は、1本目の山本さんは最初ちょっとキツいかなーって思ったんだけど、作品が面白くて最後まで飽きずに聞けた。
全体に単調な読みだったので、もう少し間や語尾の処理を工夫すればいいのになーって思った。
……自分もな

石橋さんはもうさすが!だった。
椅子に座って本をテーブルの上において、大きな動きなんかは全くないのに引き付けられっぱなし。40分以上。

盗む所はいっぱいあったよ。
実践できるかどうかはさておき。。(^-^;)

ストーリーも面白かったなあ。
明日早速探しに行こう。

LIFE

朗読の会クレパスさんの『Life vol.6』を観に(聞きに)行ってきました。
11時半開演。……早っ

会場をカフェに見立てて、観客もカフェの客になったような演出に自然に巻き込まれる。
あんまり自然だったからちょっとお客さん達が集中するのに時間がかかったかも。
始まってしばらく、「もう始まってるのよね」とか、マスター役の人による“家族”や“常連客”の紹介に「ホントの奥さん…じゃないよね。役よね」なんて声がちらほら聞こえたよ(笑)

開場時間がおしたことにもうちょっと配慮が欲しかったのと、休憩なし2時間は少し長く感じたなー、ってこと以外は、とても楽しめた。

朗読ってほんと演出しだいでいろんな表現方法があって面白い。
寓想雑貨店でもいろいろ挑戦していきたいっす。