スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おやおや

いつの間にかもう7月ですねー(笑)

ぼやぼやしている間に一つ歳を取り。
自分がこんな歳になったってことになんだか気持ちが追いつかない今日この頃だけど、この歳まで大きな病気ひとつしない丈夫な体に産み育ててくれた両親に感謝。

昨日は朗読公演の稽古場でお祝いしてもらいました。
「ハッピーバースデイ」なんて久しぶりに歌ってもらったよ。嬉し恥ずかしかったよ。
ちなみに、うちはメンバー3人中2人が7月2日生まれ、もう1人と演出の先生が同じ誕生日という奇跡のグループです(笑)

いただきもの
スポンサーサイト

リフレッシュ

3連休でバタバタと帰省。
慌ただしかったけど、実家に帰るとそれだけで癒される。
甥っ子姪っ子とも遊べたし、リフレッシュできた。

姪っ子(2歳半)が可愛い盛りなので、つい甥っ子(5年生)をないがしろにしがちだったのが反省点かな(^-^;
しかし甥っ子もついこの間生まれたと思ったのにもう5年生とは…。
伯母ちゃんも年取るはずだわぁ(笑)

3日は大雨の中、母方の祖母に会いに。
去年から施設に入って涙もろくなっちゃったおばあちゃん。
この日は私たちが子供の頃のFFの思い出話などたくさんおしゃべりした。
別れ際はやっぱり涙目だったけど、また会いに行くから元気でいてね。

4日は甥っ子姪っ子と一緒に山歩き。
昨日の雨に空気が洗われて景色がとてもきれいだった。
が、すんごい強風だったー
そんな中、2歳児は意外に頑張った。
3キロくらいの行程だったけど、折り返し地点までは抱っこもねだらず自分で歩いたよ。
むしろ大人がバテ気味だった。
5年生は元気有り余ってました(笑)

深入山3
この上が頂上らしいけど、我々は見上げるだけ(笑)
比較的なだらかな中腹をぐるっと巡る「セラピーロード」を満喫しましたよ。

深入山1

深入山2

ミートパイは食べたくない

ずっと行きたかった『スウィーニー・トッド』を観てきたよ!
市村&大竹コンビでの上演は最後らしいから行けてよかった。
Todd

雰囲気のあるセットと独特な音楽。一瞬でフリート街に連れて行かれた。
床屋が復習する話だとは知ってたけど、あんな殺しまくるとは思わなかったよぅ。
でもお客の喉かっさばいてガタンと階下の肉屋に落とすシーンでなぜか笑ってしまう。
そういうコミカルなところもある演出に助けられて泣かずにすんだわ(笑)
それでもずっと体に力が入りっぱなしだったよ…。

音楽はとても独特だったな。
歌うの難しいと思う。男女ともすごく高いキーを使うし。
サントラ聞いてみたいし、楽譜も見てみたいなあ。

市村さんとしのぶ様は流石の存在感だった。
ようやく生大竹しのぶ様をみることができたんだけど、ほんとにすごい人だと思った。
市村さんとの息もぴったりだったし。ちょっと、ぴったりすぎたぐらいだったけど。。
今回が最後なの残念だな。もっと早くに見とけばよかったよー。

そしてそして、武田真治くん。
やー、かーわいかったー
ああいう役だと知らずに行ったからさー。いやー。。(← 思い出してにやにやしている)
武田くんをテレビでしか知らない人はぜひ舞台を見に行ってほしいんだな。すごくいいから。

それにつけてももっと早くに見ておかなかったのが返す返すも残念。
こんな可愛い武田くんをー!(←そこか、と方々からツッコミいだだいてます 笑)

孤独と生きる

今日は仕事休み。そして映画の日。
ということで、『Mr.ホームズ』観に行ってきました。
Mr.Holmes

はたして年老いたよぼよぼホームズに耐えられるのかとドキドキしながら行ったんだけど、杞憂だった。
いや確かにホームズは想像以上によぼよぼだったけども(笑)
冴えわたる推理を披露する名探偵のお話ではなく、老いに向き合う老人の人間ドラマなんだな。
しかしそこはホームズだから、引退を決意させた昔の事件とからめながらあれこれあるわけなんだけど。
とにかくイアン・マッケランがすごかった。93歳のホームズがそこにいるとしか思えなかった。
彼の演技を見るだけでも映画館に足を運ぶ価値がある映画だと思う。うん。
子役の子もとても良かった。気難しい老人と利発な子供の組み合わせっていいよね。
最後の方は泣けてしかたなかったんだけど、周りの誰一人泣いてなかったので全力で我慢したよもう。

それから真田広之さんね。
いったいどんな役で出てるのか不思議だったんだけど、よもやホームズ氏が日本に行ったとは。
しかも目的が「山椒」(笑)
いや本人は切実なんだけどさ。
ちなみにその山椒が見つかるのが焼野原の縮景園という…。
ホームズ映画で終戦直後の広島&原爆ドームが登場するとは夢にも思わなかったよ。
ちょっと複雑だよ。
そして山椒はコーヒーに入れない方がいいよ。。

あと個人的に嬉しかったのはホームズがホームズ映画を観に行くシーンで、映画の中のホームズを演じていたのが『ヤング・シャーロック ピラミッドの謎』のニコラス・ロウだったという!
見たときには全然気づかずに後で人のレビューを読んで知ったんだけど、事前に知ってたら目を皿にして見たのになあ。
ヤング・シャーロック大好きだったんだよ。
あれから30年(!)たってまたニコラスのシャーロック見れたなんて、しやわせだよもう。

そんなこんなで、私的に大満足な映画でした。

端役などない!

映画見たいモードが止まらない(笑)
今週は『クリムゾン・ピーク』と『SHERLOCK 忌まわしき花嫁』を見てきた。
クリムゾンピーク  SHERLOCK


『クリムゾン・ピーク』
この私が年に2本もホラー映画を見るとは(笑)
ゴシック・ホラーの雰囲気に惹かれて見に行ったけど、怖かったし面白かった。
幽霊も出てくるけどほんとに怖いのは人間っていうね。
タイトルにもなってる「クリムゾン・ピーク」が意外にあっさりとしか扱われてないのがちょっと残念。
もっと禍々しく赤く染まった大地がどーんと映るのかと思ってたよ。
主人公のミア・ワシコウスカも可愛かったけど、ジェシカ・チャステインも良かったなあ。
オデッセイに出てるらしいので見に行きたい。

『SHERLOCK 忌まわしき花嫁』
これねー、悩んだんだよねー。
テレビシリーズは1しか見てないし。
元々はファン向けのテレビスペシャル番組だったって聞いてたし。
見てみて、「あー、なるほどこういうやつかー」って思った(^-^;
純粋に「忌まわしき花嫁」部分だけを作ってくれてたらもっと楽しめたかもね。
とりあえずテレビシリーズを全部見ようと思いますー。

魔女とホラー

二本立てで行ってきたよ(^-^)
魔女の秘密展  残穢

『魔女の秘密展』
帰省した時地元でやってたんだけど時間がなくて行けなかったから、東京に来たら行こうと思ってた。
初日に行ってきたよ(笑)
魔女の歴史や、関連する資料など興味深かった。
時代によってどういうふうに扱いが変わっていったかとか、魔女裁判の様子、拷問道具など…。
裁判官による審問が体験できるコーナーでは、佐々木蔵之介さんの声で審問してもらえる(笑)
音声ガイドも佐々木蔵之介さん。「白猫バージョン」と「黒猫バージョン」の2種類あるので、友達と一緒に行って聴き比べるのがオススメですよ。


『残穢 -住んではいけない部屋-』
原作を読んでとても怖かったので、映画化ときいても絶対行かないつもりだったんだけど、つい出来心で観にいったしまった…。
見終った後に暗い部屋に帰るのが嫌だったから、せめて昼間の回にしてみたよ(^-^;

…怖かったです。原作同様、じわじわくる嫌ーな怖さだった。。
それだけに、最後のある演出がちょっと残念だった。
あれさえなければ100点だったなあ。。

ありゃ。

クリスマスまでには更新しようと思ってたのに、終わっちゃいましたね(笑)

雰囲気だけでも…。
ホテルニューオータニ前のツリー。

ツリー1

ツリー2

遅ればせながらお知らせです

今年も朗読公演をやります。
寓想雑貨店は、おかげさまで結成から10年、本公演も10回目となりました(≧▽≦)

10年目の寓想雑貨店をぜひ聞きに来てください。

ご予約は私まで、もしくは寓想雑貨店HPまで(^^)/


寓想雑貨店 第10回朗読公演
『喫茶寓想本店 カフェロワイヤル』

2015年11月27日(金)~29日(日)
ART THEATER かもめ座

27日(金) 19:00~
28日(土) 14:00~/19:00~
29日(日) 13:00~/18:00~
※開場は開演の30分前

2,000円(前売・当日とも)

演目
『地下街の雨』
 原作 宮部みゆき著「地下街の雨」(集英社文庫刊「地下街の雨」所収)

『ア・ラ・モード』
 原作 森絵都著「ア・ラ・モード」(文藝春秋刊「漁師の愛人」所収)

『喫茶店コスモス』
 原作 村山早紀著「喫茶店コスモス」(ポプラ文庫刊「コンビニたそがれ堂 星に願いを」所収)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。